つい集めてしまう

買い物をしたあとに入れてもらえる百貨店の紙袋や、洋服を買って入れてもらえる紙袋というのは、ついついしまって保管してしまったり集めてしまうものだと思います。
私も紙袋はいろいろな模様やブランドショップでもらえるのを、大切に保管しています。
たまに荷物が多い時には、サブバックとしても使えるので、どうしても捨てることができません。
しかも、好きなショップの紙袋だと、ウィンドウショッピングに出掛けたつもりなのに、紙袋が欲しいという理由で買ってしまうこともあるくらいの、紙袋が大好きです。
水玉模様や、チェックの紙袋などたくさんありますが、サブバックとして使っている時は、オシャレな感覚で持っているような感じです。
たまに荷物を入れすぎてしまい、お気に入りの紙袋が破けてしまうことがありますので、あまり入れすぎないように気をつけています。
小さな紙袋はたまにオリジナルのプレゼントを入れて、友達や家族にあげたりしています。

紙袋をフルオーダーしよう!

お店のロゴが入ったり、イベントやシーズンごとに合わせたオリジナルの紙袋をネットで簡単に注文できるのをご存知ですか?例えば、デザインをオリジナルにしたい、既製品にないサイズにしたい、用紙にこだわりたい、ハンドルの種類を布にしたい、ラミネート加工やエンボス加工仕上げにしたい等の様々な要望を形にしてくれるんです。
デザインは自分たちで描いて一定の形式に沿って入稿することもできますし、製作ショップにイメージを伝えてデザインしてもらうこともできます。
小ロットでの注文も可能なので、普段は商品販売は行っていないけれど、年に1度の展示会やセミナー開催時の資料を入れる紙袋が欲しいといった、単発の製作依頼も可能です。
フルオーダーの場合、受注から納品まで1ヶ月程度お時間がかかるようですが、有名なデパートやブランドショップではない小さなお店でも、世界に1つだけの完全オリジナルの紙袋を作ることができるのは魅力です。
たくさん製作した場合にストックヤードサービスも行っているところもあるので、店舗の収納スペースが足りない場合には便利ですね。
会社でオリジナルの紙袋を作ってみませんか? 会社オリジナルの紙袋を新卒説明会で用意して置くと、帰りの学生が帰り道で色々な方々に勝手にアピールしてくれますよ。