高級ブランドの袋

高級ブランドの紙袋は本当に丈夫に作られています。
デザインはいたってシンプルな場合が多い気がします。
大抵は、ブランドカラーの紙にブランドロゴやマークが書かれているだけです。
シンプルなデザインではありますが、とてもお洒落に感じます。
もちろんブランド力もあるとは思いますが、紙袋の文字の大きさや色、選ばれた書体、紙の質までが絶妙なバランスが保たれているのではないでしょうか。
つい、ブランドの商品を購入した時、いただく紙袋は捨てずにとっておいてしまいます。
紙も若干厚めで持ち出の紐もしっかりと固定されており少し重い荷物を入れても形が崩れにくいのです。
繰り返し使っていても、一般のアパレルメーカーのショップでもらう紙袋よりも長持ちします。
こういった点からも高級ブランドの紙袋というのは生活の中で大変重宝するのです。
小さ目の紙袋は通勤のサイドバックとしてつかったり、大きな紙袋ですと大量の荷物を持ち運ぶ際に重宝します。
そして何よりブランド名が入っているので、それだけでリッチな感じがします。

紙袋の保存と収納

お店でもらった素敵な紙袋は、捨てるのも惜しくて、次にまた使えるかも・・・と思い、取っておく方も多いと思います。
ですが、知らず知らずのうちに紙袋がたまってしまい、いざ使うときになるとうまく探せないこともあると思います。
紙袋の保存と収納がうまくできていない方は、まず紙袋をサイズごとに分類するといいでしょう。
そして、これが重要なのですが、分類している時に、「この袋はクリーニング屋さんに行くときに使えそう」とか、「誰かにちょっとしたものをお返しするときに使うだろう」とか、使い方を想像するようにしてみてください。
だいたい、3種類か4種類のサイズに分類できると思います。
次に、それぞれのサイズの紙袋を使うシチュエーションに合った収納場所を考えてみてください。
もちろん、すべての紙袋を一か所に収納する場合でも、サイズごとに分けられているだけで、収納効率は上がりますが、例えば、特大サイズはクローゼットの横の隙間、とか、小さめサイズはバッグ類の近く、というように、分けておくのも便利です。
ちょっとしたことですが、効果的な収納で、紙袋の再利用率も上がると思います。