お別れ

このデザインは可愛い、この色が可愛い、この大きさはなかなかないから、この材質のものは珍しいから、といろいろな理由で知らず知らずのうちに紙袋ってたまってしまいますよね。
うちにも実にたくさんの紙袋が段ボールに詰め込まれていました。
いつか使うからと言いつつも「いつか」はそんなに訪れることはなく、そして愛用している1枚の紙袋は思っていた以上に丈夫で長持ちして、終いにはそのヘタった紙袋に変に愛着が湧いちゃってそのまま持ち続けたりしてしまったりも。
その間にも買物で貰ったショップの紙袋が、お土産を貰った時の紙袋がどんどん増えていくものです。
その事実がはっきりとしてからは断捨離ブームにも乗っかって、最低限の枚数を残し、捨てに捨てました。
勿体なかったけれど、素材によってはちゃんと紐と分離して資源ごみとしてまとめて捨てました。
そうしたら、部屋もスッキリ、気持ちもスッキリしました。
これからはこのスッキリをキープして行きたいものです。

紙袋の持ち手

お店で買い物をするときには、紙袋に商品を入れてくれるお店がよくあります。
紙袋というのは、使うのに何かと便利だったりしますので、ついつい家でもため込んでしまうものです。
とはいえ、そんなにもたくさんの紙袋が家にあっても使い道がありません。
ですので、ある程度の量だけをとっておいてあとは処分しておいた方がいいでしょう。
それでは、どんな紙袋をとっておくのがいいのでしょうか。
例えば選ぶ基準としては、紙の固さや大きさを基準に選んでいくのもいいと思います。
しかしそのほかにも気にしたい点は何でしょう。
それは使いやすさです。
紙袋には、持ち手がついています。
その持ち手の種類によって、処分するか取っておくかを決めるのもいいものです。
例えば、持ちて部分に結び目がついているタイプというのは、物を出し入れするのに難しくなってしまいます。
その点結び目がない持ち手の場合は、とてもスムーズに出し入れができるのです。
ですので、そういった使いやすさも重視して紙袋を選ぶのもいいと思います。